長距離運搬や観測に適したクアッドプレーン用フライトコントローラーと機体を開発

エンルートでは垂直離着陸が可能な固定翼機、クアッドプレーンの実用化に向けたフライトコントローラーと機体の開発を推進しています。
これはJapan Dronesと共にArdu Pilot Initiativeの活動を通して行われているもので、固定翼機とクアッドコプターを組み合わせた”クアッドプレーン” というスタイルで具現化しています。これにより固定翼の利点である長距離航行を確保しつつ、厳しい環境下においても離着陸を可能とする”滑走路不要”プレーンを実現させました。

注目の垂直離陸による上昇から水平飛行への移行はフライトコントローラーが自律的に切り替えるため、離陸から着陸まで全自動での航行を可能としています。また、オスプレイのようにプロペラを傾ける推力偏向などの機構部分がないことから、軽量で信頼性の高いシステムとなっています。
離着陸は電動で、固定翼飛行はガソリンエンジンで、というように長距離飛行に適したハイブリッドパッケージも可能となっています。

離着陸を行うクアッドコプター部分は短時間の使用となるためバッテリーも軽量、省スペースとなることから、ベースとなる固定翼機の重量負担も小さくできます。また固定翼機部分のエンジンやプロペラは、水平飛行に最適化した組み合わせで使用するため、トータルでの飛行効率を犠牲にすることもありません。

もちろんマルチコプターのアシストを入れての超低速飛行も可能! 高速から超低速まで失速しない連続した観測を可能としています。

Most Recent Projects

Start typing and press Enter to search