DOME_USV1-e1468305034541

二つのパワーソースで自律航行可能な無人水上艇

エンルートではドローンの開発で培ったノウハウを、様々な形に活かしていくことをひとつの大きなテーマとしています。この水上ロボットは、無線による遠隔操縦はもちろん自律航行が可能な無人艇です。構造上のポイントは推進装置となるプロペラが水の上に出ていることで、常に推進装置の状態が目視できることや、水面に多少の障害物が浮いている状態でも運用が可能という大きなメリットがあります。また、あえて小型の船体とすることで一般的な船舶、ボートが通れないような狭い場所においても、様々なミッションを遂行することが可能となっています。動力は電動モーターとガソリンエンジンの2つのタイプで開発を進めており、漁業における点検作業や、海洋スポーツにおける取材、撮影など多方面での活躍が期待されます。

Most Recent Projects

Start typing and press Enter to search