-エンルートアカデミー受講規約-

第1条(名称・目的)
1.当スクールは、エンルートアカデミー(以下「当スクール」)と称します。
2.当スクールは、ドローン(無人航空機)の操縦にかかわる技能と知識を深める機会を提供することをその目的としています。

第2条(運営・管理)
当スクールは、株式会社エンルート(以下「事務局」)がその運営と管理にあたります。

第3条(受講対象コース)
1.当スクールでは、受講カリキュラムとして別途定める受講コース(以下「受講対象コース」)を用意しています。受講申込みに際し、希望される受講対象コースを選択していただきます。
2.受講対象コース以外のオプションカリキュラムの受講を希望される場合には、事務局までお問い合わせください。

第4条(受講申込み)
1.当スクールの受講を希望される方(以下「受講希望者」)は、本規約を承認のうえ所定の申込み手続きを行い、第5条の受講料および諸費用を所定の期日までに事務局を通して当スクールにお支払いください。当スクールは、お申込み内容およびご入金を確認したうえで受講希望者に対して受講承諾を行います。
2.当スクールは、次に定める事由のいずれかが認められるときは、受講承諾をお断りさせていただくことがあります。なお、当該事由以外であっても当スクールはその自由な裁量により受講承諾をお断りすることができ、その理由を示す必要はないものとさせていただきます。
(1)受講希望者が未成年であるとき
(2)偽名または他人名義で受講申込みがなされたとき
(3)第5条の受講料および諸費用を所定の期日までにお支払いいただけないとき
(4)当スクールが定める受講対象コースの開催人員を超えるとき、あるいは受講対象コースの開催最小人員に満たないとき
(5)法令または公序良俗に反する行為を行っているとき、またはそのおそれがあると当スクールが判断したとき
(6)受講希望者が、暴力団、暴力団員、暴力団員でなくなった時から5年を経過しない者、暴力団準構成員、暴力団関係企業、総会屋等、社会運動等標榜ゴロ又は特殊知能暴力集団その他これらに準ずる者(以下「反社会的勢力」)であるとき、またはそのおそれがあると当スクールが判断したとき
(7)受講希望者が、反社会的勢力と関係性を有しているとき、またはそのおそれがあると当スクールが判断したとき
(8)受講希望者が、自らまたは第三者を利用して次に定める事項に該当する行為を行っているとき、またはそのおそれがあると当スクールが判断したとき
(ⅰ) 暴力的な要求行為
(ⅱ) 法的な責任を超えた不当な要求行為
(ⅲ) 脅迫的な言動をし、または暴力を用いる行為
(ⅳ) 風説を流布し、偽計もしくは威力を用いて当スクールの信用を毀損し、または
当スクールの業務を妨害する行為
(ⅴ) その他前各号に準ずる行為

第5条(受講料・諸費用)
1.受講対象コースにかかる料金(以下「受講料」)は、当スクールが別途定める料金表に記載の金額または当スクールから受講希望者に個別に連絡した金額となります。
2.受講対象コースの受講に伴い発生する交通費・宿泊費等の諸費用は、受講希望者または受講承諾を受けた受講希望者(以下「受講者」)のご負担となります。
3.オプションカリキュラムの受講を希望される場合のオプション料金については、受講希望者または受講者と事務局が個別にお打ち合わせのうえ取り決めさせていただきます。

第6条(受講料のお支払い)
1.受講希望者または受講者は、前条の受講料および諸費用について、事務局が指定する期日までに事務局指定の口座へお振り込み、または所定の方法でご入金いただくものとします。
2.前条に定める受講料および諸費用のお支払いに要する振込手数料等の費用、ならびに当スクールから受講希望者または受講者に対してなされる返金等の支払いに要する振込手数料等の費用は、すべて受講希望者または受講者のご負担となります。ただし、当スクールの責に帰すべき事由により、受講希望者または受講者が受講カリキュラムをまったく利用できない状態に陥ったことによる返金等の支払いに要する振込手数料等の費用は、当スクールの負担とします。

第7条(受講対象コース開催の中止等)
1.当スクールの運営上および管理上やむを得ない場合、当スクールは受講者に事前の通知なく、受講対象コースの開催を中止または中断することができるものとします。
2.前項の場合、受講対象コースの開催を中止または中断後10営業日以内に当スクールが定める受講料を返金いたします。なお、受講者が受講料の返金ではなく次回開催される同内容の受講対象コースへの振替受講を希望される場合には、当該振替受講に参加することを妨げるものではありません。

第8条(危険および事故の防止)
安全に受講対象コースの受講をしていただくため、受講者は、当スクールのスタッフの指示および本規約に従って行動していただきます。また、当スクールでは、次に定める事項を禁止しています。
(1) 指定場所以外でのドローンフライト
  (2) 立入禁止区域への立入り
  (3) 無許可での写真撮影または録音等の行為
  (4) 受講中の飲酒、飲食または喫煙

第9条(悪天候時の注意事項)
強風、雷等の悪天候時においては、屋外でのフライトカリキュラムを中止または中断することがあります。

第10条(修了証)
受講対象コースの受講を修了した受講者は、当スクールが定める修了試験を受験することができます。当スクールは、修了試験に合格した受講者に対して修了証を発行いたします。

第11条(受講者の都合によるキャンセル)
受講者が受講対象コースの開催日当日に受講をキャンセルする場合または当日ご連絡なく欠席される場合、当スクールは受講料を一切返金いたしません。開催日前日までにキャンセルする場合は、受講料から当スクールが定めるキャンセル料金を差し引いた金額を返金いたします。

第12条(当スクールによる契約解除)
1.当スクールは、受講対象コースの開催中であっても、次に定める事由のいずれかが受講者に認められるときは、直ちに役務提供を停止し、または契約を解除することができるものとします。この場合、受講者は異議を唱えることができません。なお、本条による役務提供の停止または契約解除に伴う受講料の返金は行いません。
(1) 第4条第2項各号に該当するとき
(2) 当スクールのスタッフや他の受講者に迷惑を及ぼすことで当スクールの運営および管理に支障をきたしたとき、またはそのおそれがあると当スクールが判断したとき
(3) 当スクールに提出された受講者の情報に虚偽または重大な遺漏が判明したとき
(4) 背信行為があったとき
(5) 当スクールが受講者と1カ月以上連絡が取れないとき
(6) 受講者にドローンに関する航空法、電波法、民法等の各種法令および公的機関が定める各種安全ガイドラインの遵守を期待することができないと当スクールが判断したとき
(7) 本規約に違反したとき
2.本条による役務提供の停止または契約解除により当スクールに損害が生じたときは、受講者にその損害を賠償していただきます。

第13条(免責)
当スクールは、受講者の次の事項について一切責任を負わないものとします。
(1) 携帯品の紛失、盗難、滅失または損傷等の損害
(2) 受講者の不注意によって生じた事故による負傷および損害
(3) 当スクールのスタッフの指示および本規約に従わなかったことによって生じた事故による負傷および損害
(4) 受講者が自己の病気等により受講対象コースの受講に耐えられない、あるいは受講者が他の受講者に迷惑を及ぼす等受講対象コースの円滑な実施が困難と推測されると当スクールに判断され受講ができなかったことによって生じた損害
(5) 受講対象コース修了後に行われる修了試験に合格できないことによって生じた損害
(6) 天災地変、戦争、暴動、内乱、交通機関または通信回線の事故等の不可抗力により役務提供が遅延、中断、中止、変更または不能となったことによって生じた損害
(7) 官公署の命令等により受講対象コースの全部または一部の実施が不能となったことによって生じた損害
(8) その他当スクールの責によらず受講対象コースの開催が不能となったことによって生じた損害

第14条(損害賠償)
受講者が故意または過失によって当スクールまたは第三者に損害を与えたときは、受講者がその損害を賠償するものとし、当スクール及び事務局に迷惑をかけないものとします。

第15条(個人情報保護方針)
当スクールは、プライバシーの保護を重視し、次の方針に基づき受講希望者、受講者および当スクール関連の資料請求者等(以下「受講者等」)の個人情報を保護します。
(1) 当スクールは、次に掲げる目的で個人情報を取り扱います。
(ⅰ) 契約の締結および継続に関すること
(ⅱ) 受講料等の請求および収納
(ⅲ) 受講者等に対する通知または連絡
(ⅳ) 受講者等からの問い合わせまたは苦情等に対する応対
(ⅴ) 受講者等に対する特典の提供
(2) 当スクールは、法令の定める場合を除き、予め受講者等の同意を得ないで個人情報
を第三者に開示、提供することはありません。
(3) 個人情報に関するご相談または苦情等にかかるお問い合わせは、事務局(第17条参照)までお申し出下さい。

第16条(知的財産権)
1.当スクールから受講者に提供する教材その他一切の著作物(以下「教材等」)の知的財
産権は、当スクールに帰属します。
2.受講者は、受講対象コースの受講目的に限り教材等を使用することができます。
3.受講者は、当スクールに無断で教材等を受講目的以外に使用することはできず、また当スクールに無断で教材等の複製、転写または頒布等することは一切できません。

第17条(お問い合せ先)
各種お問い合せは、事務局までお願いいたします。
住所:埼玉県ふじみ野市うれし野1-3-29
メール: info@enroute.co.jp

第18条(準拠法)
本規約の準拠法は、日本法とします。

第19条(管轄裁判所)
本規約に関する紛争の専属的合意管轄裁判所は、埼玉簡易裁判所または埼玉地方裁判所
とします。

第20条(規約の変更)
当スクールは、本規約その他受講対象コースの役務提供時に適用される規則等を変更することがあります。この場合においては、受講者は、変更後の規約その他受講対象コースの役務提供に適用される規則等の適用を受けるものとします。